読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ARASHI SUMMER CONCERT 2003 How's it going?@福岡マリンメッセ 8/18 1部 MC

当時書いてたものが残ってたので例によって拾ってきました。
例によって、口調に自信はまったく持っておりませんし、時も経ちすぎなので、雰囲気でお願いします。。

ARASHI SUMMER CONCERT 2003 How's it going

@福岡マリンメッセ (8/18)


 <MC編>

  • 愛だよねぇ〜

櫻井「えーと、まず。昨日、打ち上げしたんですよ。」
櫻井「スタッフさんとか色々いたんで、総勢120名ぐらいですか?早いな〜とか思うかも知れないけど、これは中打ち上げってやつでー、」
櫻井「同じもの作ってる同志、親睦を深めるためのものなんですが、実は初めてやったんだよね。」
櫻井「去年は最後福岡だったよね。最終日の前日にやったんだけどー、帰りの車の中、1年前とおんなじ会話しかしてません(笑)それをね、ちょっと再現してみたいと思います」
 客(お〜〜〜〜!)

二宮「俺、どーしよう」
松本「ニノ昨日いなくない?」
櫻井「あっ、そうそう昨日こいつは途中で帰ったんですよ、取材があって」
二宮「ホテルでね。だから俺それ、知らないんだよー」

相葉「去年とおんなじだって!大丈夫だよ〜」
櫻井「マジ、何も変わらないから!」
二宮「でもいーよ、俺、4人見てたいから(笑)」←と座り込む
松本「(さっさと諦めて)じゃあ入りたくなったら入ってきて」
櫻井「でこーゆう風に車で並んでて〜」

   <前列・櫻井>
   <後列・相葉&松本&大野>

二宮「ちょっとまって(^^;、何でひとりなの?!ひとりこっちくりゃいーじゃん」
櫻井「いや、俺の隣違う人いたんだよ」
二宮「あ、そーゆうことね」
相葉「じゃいい?再現するよっっ!!!!」

相葉「(猛烈テンションで)やっぱさーーーー!!俺さぁ、千葉にいただけじゃこんなに色んな人に会えなかったと思うのね!!」

相葉「大野くんどこだっけ?」
大野「東京」
相葉「そう、東京のはずれねっ。松潤は?」
松本「俺、東京の都会〜」
相葉「そう、東京の都会の方ね。そういう住んでる地域も違ってさ、年も違ってさ、でもこうやって、色〜んな人に嵐支えて貰っててさ、それってやっぱ・・・」

大・櫻・相・松「愛だよね〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!(笑)」←と右手でハンズアップ」

櫻井「と、こんなこと20分ずっとやってました!!;」
松本「しかも1年経ってもね」

   <このくだりが延々あって・・・>

相葉「でもさ、こうやって今日、皆に会えたのも・・・」
 嵐「愛だよね〜〜〜〜〜〜〜(ニノも参加)」←みんな一点に集まって客に背を向けながら5人で楽しそ〜にやり続ける(苦笑)


櫻井「しかもこいつ(相葉)、ホテル戻ってもマジテンション高くて、ホテルの廊下で側転してんの!深夜に。『俺、寝るに寝れねぇよぉ!!』とかいって」
相葉「でもね!迷惑にならないように静かにしたんだよ!!」
櫻井「いや、迷惑にならないようには分かるけど、そこで何でやるんだよ!!」


  • シャワールームの怪

櫻井「そう、こいつ超おかしいの。嵐のシャワーて何か変でね。あっ、言っとくけどこれは下品な話じゃないですよ!」
二宮「なんかもうすでに下品な感じするな〜(苦笑)」

これは前日(17日)のMCでまたシャワーの話をしたところ、思いっきり下ネタでファンに引かれてしまったため、「今日は下くないよ!!」と言いたかったらしい。
因みにどんな話かというと、私は行ってないから聞いた話なんだけど…

>>>
相葉ちゃんが、シャワー浴びてたら何故かニノのところに
相葉「届け物で〜す♪」 とか言って入ってきたから
二宮「翔くんとこ行け」 って言われて、翔くんトコ行ったら
櫻井「大野くんとこ行ってこい」 ってゆわれて大野の個室に入っていった…とゆうか、頭洗ってた相葉ちゃんが体洗ってた大野くんの股めがけて突進してったらしい。(バカだ…)
で「タスケテ〜」と声がしたから松潤が行ってみると、裸の大野さんと相葉さんが転がってじゃれてたらしい…。

因みにこのふたりはけしかけてきた翔くんに見せたかったのに、奴はさっさとシャワーあがってたという(…)
>>>>


櫻井「嵐の風呂場って相当変でさー。シャワールームって何か・・・あれ、何だっけ?仕切ってるヤツ・・・」←思い出せなくて長時間話が止まる;
相葉「鉄板じゃない?」
二宮「鉄板?!相葉さんの家の風呂は鉄板なんですか?!」←相葉ちゃんイジメ大好き;
松本「とにかく仕切ってあって〜」←どうでもいいから話を進めたい(笑)

櫻井「で、その仕切りから何か見えるのよ。あっ、その時は誰が入ってたんだっけ?相葉と松本?
櫻井「あっ、そう、この人(大野)めちゃくちゃ熱いの!!俺、この人のあとに入ったんだけど、そのままひねったらマジ50度ぐらいあってさー」
松本「あれ?大野くんって俺より後に入んなかった?」
櫻井「そうだよ、最初松潤だったよな?正味3分ぐらい?」
大野「松潤が遅いんだよ!俺、そんな長く入るの好きじゃないのね。バッ、バッ、バッ・・・(出て行くフリ)で終わり」

櫻井「あっ、で下から何か見えるのね。何だろ何だろって思ってたらそれ、膝なの!この人(相葉)こうやって(あぐらで)シャワー浴びてんの!普通立って浴びますよね?」
相葉「だって普通椅子みたいなのに座ってやるじゃん!!」←家での話をしている
二宮「でもあれはシャワーでしょ?」←ここでの話をしている;
相葉「えっ、何?皆の家はそんなに洋式なの?!」←椅子がないのかと思ったらしい(^^;
二宮「洋式?!これ風呂の話だろ?!」
松本「トイレじゃねーんだから」
相葉「えっでもさー、だからさー、あのねー!」

   <よってたかって3人の総突っ込み>

相葉「あぁ、うん、そうかもしんない」←翔くんに疑問系ツッコミをされ諦めてしまう(笑)


  • でもちょっと反撃(笑)

相葉「でもさー、学校のシャワーでやったよね?!」←みんな“学校のシャワー”が分からない(^^;
松本「あー、プール入る前にちょこっと薬品かけるヤツ?」←薬品て
櫻井「それ、殺菌でしょ?かけるってゆうかつけるんじゃない?」
相葉「えっ、何で?!『1番!』『はいっ、1番です!!(あぐらで頭を洗う真似)』とかしなかった?」
二宮「絶対『1番です!』とか言ってないよ、この人」←話大きくしている、とツッコんでいる
相葉「(小声で)うん(苦笑)」

櫻井「ぜってぇおかしい。しかもあん時、『しょぉくぅ〜〜〜〜〜〜〜ん、排水溝、手でふさぐと楽しいよぉ〜』とかゆってきて」
松本「何が楽しいのか分からない」
櫻井「え?何でふさぐの?どうして?」←楽しいからじゃん?
相葉「テンションあがるとふさぎたくならない?」←(爆笑)

櫻井「ちょっと待て、“あがったら”以降は…ま、まぁ分かったけど、どぉゆう時にテンションあがるの?」
相葉「えっだからさー、頭とか洗っててー、泡が目に入っちゃったりとかした時に『イタタタッ!』ってならない?それでテンションあがらない?!」(と言って、相葉、再現)

櫻井「ハハハッ、わけわかんねぇよ〜(苦笑)それでさ、隣では『しょぉくぅ〜〜〜〜ん』ってそんな事言ってるし、奥では松潤が『ふんあ”ぁぁ〜〜〜〜〜〜〜〜っっ、ふんぐわぁ〜〜〜〜〜〜〜〜っっ』って言ってるしさぁ、もう、なんだよこのグループ〜(泣)」



  • ここでコーラの限定缶が登場。それぞれ自分のを持って紹介

櫻井「エンジョイサマーーー!!!(とカメラに突き出す)」

…………………アレ?今、缶が……
顔を歪めた櫻井、振り返り二宮とこそっと話を交わすとにのみが手で口を塞いでくすっと笑う(笑)まさか…

松本「ねぇ、これどうやって並べるんだっけ」←背景がつながってるから順番通り並べたい
二宮「適当でよくない?」←そんなものはどうでもいい(笑)
櫻井「ねー、俺、『エンジョイサマー!』って言ったら缶つぶしちゃって戻んなくなっちゃった;」
相葉「うわ、どーすんの〜」←さっきの仕返しか、すごい楽しそう(笑)
二宮「まぁいいから並べてくださいよ。自分で買って当ててください(笑)ふふっ翔くんのだけ事故ったみたい(苦笑)」
松本「あれ?これ真ん中誰?これもへこんでるよ?」
二宮「あ、俺だ。嘘、俺何もしてないよ?」
櫻井「それも俺かも…(焦)」


  • レッツダンシン!

ここで『ハダシの未来』を歌うんだけど、そこで踊りを教えます。

櫻井「これね、俺とか相葉ちゃんは見ないほうがいいよ、間違えるから(苦笑)松潤みてたほうがいいんじゃない?」

といって松潤が踊り伝授。

櫻井「えーまず♪理屈じゃない」←ちょっとカッコいめに
松本「♪理屈じゃなくて  じゃね」
 客(櫻井にブーイング)

 でも松潤が♪うそーじゃない〜  のフリをし忘れる。

大野「ソレ違う!!!!!!」
松本「(あまりに急で驚いて)え?嘘??」
大野「違う!絶対違う!だって…♪理屈じゃなくて…」(とボソボソ歌いながら踊る)
 客(Mステで見てるので、「そうだ!」と拍手)嬉しそうな大野さん(笑)で、スタンバイ。

翔くんが曲紹介するんだけど、これ、後ろ向きでスタンバイなので、翔くんは振り返りながら言おうとするんだけど、松潤がイジワルしてマイクスタンドをひっぱる。
それを顔で追おうとする翔くん(笑)これがヤタラ可愛い!!
そのマイクを諦めてセンターの松潤のマイクを奪って2人が入れ替わったりと、他の3人放置で長いこと遊んで、笑いながら元の位置に戻る。(メンツがメンツなので、希少価値も含めて)可愛かった…。
 

  • で、曲も終わったところでニノが突然・・・

二宮「あのー、自分事で悪いんだけど、(ポケットからインスタントカメラを出して)みんなと写真とりたいなって。」
 客「きゃ〜〜〜〜っっ」
二宮「ってことで潤くん、写真撮って」
松本「(嫌そうに)えっ、何でジュニアとかスタッフじゃなくて俺なの?」

お前の誕生日用だからだよ。

二宮「ファンのコも潤くんがカメラ取る画とか見たいって!みなさん、ごめんなさいねぇ、自分事で。いつか皆さんの前に出る機会があると思うので」
松本「ねーこれ、どうやって撮る?」
二宮「僕らの顔が映るぐらいで。じゃあ狭いけど4人正座しますか?(と花道に横ぎゅうぎゅうに並ぶ)ファンのコ皆入る?」
松本「いや、さすがに全員は無理。じゃあ角度変える?」
二宮「じゃあポーズ変えて3枚撮りますか」と言って・・

①右向き。最初相葉ちゃんは後ろにいたんだけど、松本君がアングル悩んでる間に急に前に出て座る(笑)
二宮「え、何で前出てきたの、何で主役なりたがるの?(^^;」
相葉「え、ダメ?主役なっちゃダメ?」
二宮「あーもう、いいけどさぁ;」

②左向き。松本君の移動中に「どうする?どうする??」とボソボソ声が(笑)プリクラみたい…。
松本「もーいーい???」
とりあえず前後2列に。まだどうするどうする感のまま、翔ちゃんがB系の腕を抱えるポーズをすると、相葉さんも真似(笑)
松本「えっちょっと待って、相葉さんB-BOYじゃないですよね(笑)」
とかそんなことをして。

二宮「じゃあ次、潤くんひとりで向こういって」
松本「えっ何ソレ、俺ひとり?!センターまで行く?」
二宮「うん、で振り返って」
櫻井「アイドル雑誌みたい(笑)」

で松本ピースして振り返ってめちゃくちゃアイドルスマイル♪かーわーいーいー。しかもそん時、カメラ撮ってるニノの後ろでお兄ちゃん3人がインド系ポーズ(笑)君たちを撮ることは絶対ないのにシャッター切る度必ずポーズ(笑)そして松本は次ソロ曲のためはける。その後は…


櫻井「ということで『ハダシの未来』とニノのドラマの主題歌、『言葉よりも大切なもの』が9月3日にリリースしますので、ちょっと『おめでとう』って行ってもらってもいいですか?」
 客「おめでと〜〜〜〜〜!!!」
櫻井「すみませんねぇ(笑)誉められて伸びるタイプなので!!」
二宮「あつかましいグループですみませんねぇ(へこへこ)」

このおめでと~、本当は松潤の誕生日CDに入れる予定だった。でもきちんと録音できなくて却下されたらしい(残念)

櫻井「言っちゃっていいのかな〜、今回シークレットトラック少し長めに入ってるので。是非是非チェックしてくださいっ。で、どうですか、ドラマの方は。」
二宮「ドラマの方?あっ、あのね、福岡の人はたくさん見てくれてるんですよ。」
二宮「ほら、今回主演やらせていただいてるじゃない?そうすると大阪とか札幌とか、地方別に視聴率を見せてもらってるんだけど、福岡が一番いいの」
 客(喜)

櫻井「そういえばさー、ニノのドラマ、ニノじゃなくて山P(が主演)になるって話あったよね」
二宮「あー、俺がツアー始まっちゃうからショーちゃん途中でどっかいっちゃうってゆうね(笑)ホントは地方で撮影するつもりだったんだよ。」
櫻井「あ、嵐にあわせて?」
二宮「そう、ショーちゃんたちが嵐のコンサートに来る、とか」
 嵐「うそぉっ!」
二宮「ホント、だからその辺でウダヤンとかがわーわーやってたはずなの」
櫻井「だったらもっとおめかししときゃよかったな〜!?」
大野「何でダメになったの?」
二宮「だって時間かかっちゃうじゃん。ジャニーズさんは厳しいからねー(苦笑)」
 嵐「あぁ…(苦笑)」
大野「あーでも出たかったなぁ〜。画面で自分の姿が見てみたかった!」
二宮「そんなに出たいならインターネットで応募してください」
大野「あぁ、俺出すよ!」

櫻井「あ〜〜〜〜〜〜〜っっ、思い出した、おめぇ、俺のドラマ出たろ!あっお前(相葉)も!」
櫻井「この人(大野)、ホントひどいの〜!!変なアドリブ入れて笑わせてくるの!『憂鬱…憂鬱…』って」
大野「お前がプロ意識ねーんだよ」
櫻井「は、何いってんの!つかこの人珍しいこと言い始めてさぁ、『翔くん、俺、アドリブ言って沢山映るからね』とか」
大野「だって楽しいんだもん。俺エキストラがいいの。そんなに写ってると恥ずかしくなるから。」



>で、松潤ソロへ・・・