読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャニーズのクレジットにおける名前順について考えてみる

本来横一列であるはずのグループのメンバーの名前をクレジットする際、誰から書くのか。年齢の上から順にしておけば無難なものを、最近はどうもそれだけではないらしい。つまりグループ毎にウチはこの順に載せるという暗黙のルールがある。
そんな微妙なルールの規則性が気になっちゃったので、各グループの公式クレジットルールを調べてみた。

ジャニーズ公式サイトJohnnys-net及び携帯公式サイトJohnnys webのProfileページ(両者に差異なし)の掲載順をオフィシャルクレジットと仮定する。*1 またこちらの都合で考察対象はSMAP以下NYCを除く14組とする。
なお本件の目的はあくまで各グループのルールを確認すること、である。メンバー間で序列づけるとか、その心を邪推するとか答えの出ない議論はなるべく避けたい。*2

 

***

中居正広
木村拓哉
稲垣吾郎
草彅剛
香取慎吾

形式■年齢順
これほど昭和的で有無を言わせぬ並べ方はない。SMAPの場合、フロントメンバー格が年長組だったことも昭和ロジックに適していた。

 

城島茂
山口達也
国分太一
松岡昌宏
長瀬智也

形式■年齢順
やはり、清く正しく年齢順。

 

堂本光一
堂本剛

形式■年齢順
こちらも、清く正しく年齢順。


  • V6

坂本昌行
長野博
井ノ原快彦
森田剛
三宅健
岡田准一

形式■年齢順
カミセンからかと思いきや、清く正しく年齢順。

 

 

相葉雅紀
松本潤
二宮和也
大野智
櫻井翔

形式■名前順(名字のアルファベット順)
と、ここまで綺麗に年齢順だったのに、嵐はわざわざローマ字にしてそのアルファベットのABC順*3 という一見変わった名前順制度を採っている。何でわざわざこの並びにしたのか。それは「何となくその並びにしたらしっくりきたから」じゃなかろうかと思っている。
というのは後に本人がそう言っているくらいだからと失礼を承知で言うが当時一番知名度がなかったのが大野さんである。言ってはなんだが断トツで桁違いで差があった。そんなメンバーをフロントに置くのは正直収まりが悪い。名前順でもだめ。そこでアルファベットにしてみたら、エース格の風っ子*4 が綺麗に前に出て、更に3-2に分けた中で年齢順(ニノ潤が逆だけど)となり、秩序立っていた。最年長の大野さんではなく櫻井さんで〆ることになるが、まあ櫻井さんの裏番感とも相まって何か収まりがいい。年齢の若い順という案もありだったのではと今でこそ思うが、V6以前は画一的に年上からだったのを逆にするのはどうしても不自然。そこでこれは(アルファベットだが)名前順という大義名分もあり、うまいことまとめたなという印象だった。

滝沢秀明
今井翼

形式■名前順(ユニット名の)
このユニット名じゃそりゃあこの順番しか有り得ん。*5

 

  • NEWS

小山慶一郎
加藤シゲアキ
増田貴久
手越祐也

形式■コヤシゲとテゴマス
さてこっから本格的に複雑になってくる。年齢順を採ればシゲアキ先生と増田さんは逆にこなければならない。担当文字順*6 でも名前順でもない。ABC順? それなら合ってるけど厳密にいえば小山さんとシゲアキ先生が逆だ。これは推測になってしまうのだが、テゴマスは並べておきたかったのかな、というか6人時代ひいては8人9人時代からこの並び(要するにKKKity上がりの3人を並べていた)だったのかなと自分は捉えている。まあつまり、なんか納得できるけど明確な規則性はない。

渋谷すばる
錦戸亮
丸山隆平
安田章大
大倉忠義
村上信五
横山裕

形式■年齢順
ナ、ナ、ナ、何だこれはーーー!!これはもう年齢順でも名前順でも何でも説明がつかない。3馬鹿*7 が離されている時点で色んな規則性から逸脱している。
これはまさに、ヨコヒナの扱いは映画のエンドロールで最後にクレジットされる大物役者のそれである。本件においてこのような方式(エース格から始め、リーダー格で〆る並べ方)を便宜的に役者方式と呼ばせて頂くことにする。*8 あくまで便宜上です。一般用語では決してないので誤って世間で用いないように。(誰も使わない)真ん中の3人の並びは年齢順だとして、ヨコヒナははて。なんかこの辺はちょっとだけグレー。
念のために映画『エイトレンジャー』のクレジットも確認したが、そちらでは横山渋谷村上丸山安田錦戸大倉の順であった。これは綺麗に年齢(生年月日)順だが、1は横山さん視点の物語だったのも影響していそうだ。エイトレンジャー2になると渋谷横山以下同と二人の順が入れ替わるがこれも2は渋谷さんが主役格なのでまあ当然か。*9

2015/03/01追記

先日『十祭』のDVDを見せてもらったんですが、そのクレジットは「横山渋谷村上丸山安田錦戸大倉」の年齢順でした…!なんと!!どっちやねん!でもファンクラブの会員証は上記のジャニネ順の様子。ちなみにエイトは後述のカラグラ並びということはありません。黒・緑 だから。橙と青の位置的にグラデはない。

 

亀梨和也
田口淳之介
上田竜也
中丸雄一

形式■名前順(頭文字順)
メンバーの頭文字採りました系グループはそのままその並びにする以外の選択肢はなかろう。エースで始め、年長者で〆たい役者方式にも偶然ぴったり。

山田涼介
知念侑李
中島裕翔
岡本圭人
有岡大貴
髙木雄也
伊野尾慧
八乙女光
薮宏太

形式■たぶん役者方式(こわい)
はいきた。私がこれを調べ出した原因。
さすが平成!昭和の年功序列文化の真逆を行く若者順。昭和でShowは無理!イェイ☆ かと思いきや髙木の配置の謎。やぶひかが最後なのは役者方式と言えるだろうが(NEWS同様JJEとヤーでまとめた感もあり)それにしたって髙木伊野尾の配置は如何に。さしずめ7とBESTに分けた上で、先にデビューした旧7*10 を前に持ってきたといったところだろうが、そもそも山田知念中島の配置もグレーがかっている。年齢(生年月日)順でもない…ってもっと言えば、最初は裕翔からではなかったっけか?あれ違った?このルール適用されてるのいつから?(10人の時の並びも思い出すとまた複雑)
…うんこれ多分絶対的回答出てこないからこれ以上突き詰めるのはやめにしよう。ちなみに会員証は綺麗に若者順にクレジットされている。さすが昭和でShowは無理。*11

 

北山宏光
藤ヶ谷太輔
玉森裕太
横尾渉
千賀健永
二階堂高嗣
宮田俊哉

形式■3人と舞祭組
え?!何これ?!KAT-TUNよろしく頭文字順を期待して調べたのに、蓋を開けたら3-4だった…。
3-4の中で年齢順かと思ったのにそれも違った…。じゃあ3-4の中で名前順?頭文字順? と思ったのにそれも違う…ABC順も違う…。私にはこの法則が読めません。
ちなみにエイベのサイトは頭文字順でした。だからDVDのクレジットとかはその順番なような気がしますね。

佐藤勝利
中島健人
菊池風磨
マリウス葉
松島聡

形式■………
なぜ松島マリウスではなくマリウス松島なのか。これは3-2に分けて考えるべきなのか?いやでもなあ。*12 勝利さんは絶対的0番なのでそこは異論ありません。

橋本良亮
戸塚祥太
河合郁人
五関晃一
塚田僚一

形式■……?
役者方式!って言いたかったのになんかちょっと違う気がする。五関さんがトリだったらなぁ~。

重岡大毅
桐山照史
中間淳太
神山智洋
藤井流星
濱田崇裕
小瀧望

形式■もしかして虹色?
不思議~。最初の4人*13と3人ってわけでもないんですね。年齢順でも名前順でもない。役者方式つってもなあ…て思ったんですけどこれひょっとしてメンバーカラーを虹色に並べた感じ?ピンクって並んでるよね?!えっ面白い!でもじゃあメンカラはどうやって決めたんだろうね?まあだいたいイメージには合ってるよね。神山さんは衣装真緑なのに頭真っ赤で一人クリスマスがすごかったけど(あけおめコンなのに)

今ここに来て初めてこの可能性に気付いたのでキスマイの並びを見直してみたけど、ピンク水色う~~~ん………たぶん関係ないね。

えびはピンク…あ!これ、もしかしたらそれでか?!それなら納得!メンバーカラーのグラデーションって新しいな。

***


とまあここまで調べて私の中でぼんやり浮かんでいた疑問は少しすっきりしたが、単純明快に年功序列であった頃に比べれば、最近はやや恣意的で何のルールに則っているのか、複雑である。年功序列って昭和で日本人的で今時イケてないのかもしれないけど楽だったな~。嵐が変にひねりだしちゃったからもう!><と保守的BBAは面倒くさがりつつ、これにて終了とする。

ところでこれは本当に普遍的に使われている順序なんでしょうか。そこまで確認したかったけど、結局裏取れてません。もし、そもそもジャニネが異端だよ!なんてことがあったら優しく教えてください~。

*1:この順序がすべてのクレジットシチュエーションにおいて適用される普遍的ルールであることを期待している。例えばコンサートDVDやカレンダーとかのメンバー名掲載順やコンサートパンフレットの掲載順、レコード会社のプロフィールページ、FCの会員証にメンバー名の記載があればそれも。

*2:強いて主張があるとすれば「昔は良かったナァ」である。

*3:Aiba, Matsumoto, Ninomiya, Ohno, Sakurai でamnosという風に並んでいる。この表現は櫻井さんのラップに度々登場するので嵐ファンの間では有名だが、ラップ発祥ではなくむしろデビュー当時から基本この順で扱われておりそれを初めて言語化したのがLa tormenta(2004ではなく2001年のオリジナルの方)だと言えよう。

*4:嵐の漢字を山風に分解して相葉・二宮・松本の年下3人を風、大野・櫻井の年上2人を山と呼ぶ通称。これは昔嵐がカミセントニセンみたいにグループ内ユニットができると噂されていたこと、またJr.時代に属していたラインがこの3-2で分かれていたことに由来する。

*5:そもそも名前順や年齢(生年月日)順を重視するなら「翼&タッキー」であることについて言及してはいけない。

*6:4人で再始動した際にNEWSの文字を□♡▽○に見立ててそれぞれ一人ひとりに割り当てたアレ。どれが誰担当だかすぐ忘れるんだけど、Nはnews every.の小山、Eはentertainer(イッテQのエンターテイナー)手越、Wはwriter(作家)のシゲアキ先生、Sはstylist(衣装デザインしてる)増田という語呂をネットで見かけてから少し覚えやすくなった。本当の由来は知らない。

*7:補足するまでもないが、横山・村上・渋谷のおじさんベテラン3人のこと。

*8:ただこれ、後に見ていくと分かるが先頭と〆はいいとして、その間の配置がノールール気味…。

*9:参考までに嵐の場合、ピカンチシリーズは公式順(ダブルのみ主役格の大野さんが先頭にくる)、『黄色い涙』は役に合わせて、『最後の約束』は年齢順。V6の映画はいずれも公式(年齢)順。

*10:補足するまでもないが、山田・知念・中島・有岡・髙木の期間限定ユニット。

*11:って言うけどあの曲は「Hey! Say! JUMP」の曲ではないあしからず。

*12:教えてもらったんですが、やっぱり2014年の途中までは松島マリウスだったそうですね…そっか…。

*13:ジャニーズWEST4としてデビューが決まっていた重岡・桐山・中間・小瀧