読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

One summer tour@札幌 8/6 2部 MC

ARS Report

10年前の今日の記録がPC内に残っていたので折角なのでサルベージ的に晒します。

 2005.08.06  One summer tour@北海きたえーる

  • アイデラで

相葉ちゃんから珍しく「ちょっと皆さん聞いてくれる?」と

相葉「さっきEYES WITH DELIGHTって曲やったでしょ?おーらびゅらびゅって。あっちの方で。その時、何が起こってたと思います?マイク置いてずーっと『ここじゃない!何でここにいるの!ここじゃないって!!』って言ってたんですよー。なんとね、立ち位置を間違えた人がいるんですよ!それがね、この櫻井翔くんです!!」
恥ずかしそうな顔をする翔くん(笑)
二宮「そう、俺も思った、気づいたらこっち側一人しかいなくて、あれーそっち多いなぁって」
相葉「俺が立ってたらさ、こっち側(相葉の左)すぐ隣にしょーちゃんがいてさ。すっごい狭くて!」
松本「そうやって立たれると何か俺が立つ位置間違えてるみたいですげー迷惑だったんだけど(苦笑)」

ちょっと借りていい?とニノだっけかな?が言って再現することに。バクステ向きに
本当は

大野    相葉    松本    櫻井    二宮

だったんだけどー

大野 櫻井 相葉    松本          二宮

こんなことに;
相葉「なんであんなとこにいたの?」
櫻井「いや……ごめん、よくわかんない;」
松本「そんで結局こんなになってさー」

大野    櫻井    相葉    松本    二宮

二宮「あれ、何であなたセンターなの?あんた2番でしょ」←立ち位置用語で言うな
相葉「だって狭いじゃんーしょーちゃんいるからしょうがないじゃん?」
二宮「そん時のまつもっさん、こんなん(と顔真似。またキレキャラにしようとして;)」
松本「(苦笑)いやだってそれじゃあ明らかに俺が間違えたみたいだったじゃん」
櫻井「ごめん…」
相葉「ふふ、それっていつもなら俺だよね」
ちなみに帰りの電車で盗み聞いた話によると、その時相葉ちゃんはここぞとばかりに松潤を追い出し「俺センター♪」とでも言わん気に嬉しそうにしていたらしい(笑)*1

  • ビキニ?!

櫻井「そういえばさっきから気になってたんですけど…あの、自分男子校なんでよくわかんないんですけど、たまにビキニ着てる人たちいるじゃないですかぁ?あれってどっからそーゆーカッコしてるんでしょーか…」
二宮「トイレかなんかで着替えるんでしょ?」←正論
櫻井「もしそのまま家から来てるなら捕まるんじゃ…」←バカだね~そんなんで来ねーよ
二宮「だから着替えるか、それか家から着てきて脱ぐんだよ」←当たり前だよねぇ
相葉「あ、あれビキニなの?俺ブラジャーかと思ってた」←ごめん、もっとバカがいたー!!!
櫻井「でももし男の人で海パンの人とかいたら捕まるよねぇ」
どうも奴の頭の中では、ビキニで会場まで来てるのかなぁ、男はナシだけど女はそういうファッションなのかなぁ、なんて理論になってたらしい。アホか

二宮「やー相葉ちゃんのソロのJr.のカッコみたいな海パン*2ならアリなんじゃないの」←まったく正論。寧ろビキニよりそっちのがアリだろ
櫻井「でもブーメランはないよねぇ(笑)」
相葉「じゃあ今度からJr.の衣装ブーメランにする?!」(爆笑)
\見たいー/
櫻井「いや見たいってのもどーかと思うよ(苦笑)」
二宮「つかお前Jr.に押し付けねーで自分でやれよ」
松本「絶対Jr.嫌がるよ;」
相葉「いいよ、テニスボール入れてやるから(笑)」(「テニスボール入れさせてね?笑」だったかも)
櫻井「お前訳わかんねーよ…いや分かるけどー(苦笑)でもわかんないことにしとく;」

  • 夢の話  ※すげー長かったんで話題の前後に激自信ないです。すいません

櫻井「あーそういえばさー、俺ついこないだ水の上を走る夢見てさー」
二宮「ふーん、それはキてるね」←爆笑。最近ニノも翔くんバカにするようになってきたね
櫻井「海をねずっと沖のほうまで走ってんだけど走りながらボロボロ歯が取れてくの」
二宮「あ、それは大分キてるね」
相葉「大丈夫?病院紹介する?」
二宮「(相葉に向かって)すいません、後ですぐその辺に連れて行きますんで」
松本「でも歯が抜ける夢って良く見るよね」
大野「あれ、すげー痛くない?!」
櫻井「ちょお痛ぇ。俺ね、変な夢見たらいつも調べるから」とキーボードを動かす真似
松本「で、どんなだったの?」
櫻井「どっちも自信の喪失!」イェイ!て感じで

櫻井「でもいつも見る夢とかない?小さい頃よく見た夢とか…」
松本「あ、俺小さい頃の話だけど、黒い虫に刺されると、刺されたところがどんどん黒い点になって、どんどんそれが広がって色んなところにできる…って夢をよく見てた」
櫻井「キてるねー…」
松本「それこそ1度2度じゃなくて…何度も…少なくとも10回以上は見たね」
相葉「びょうかい…」
二宮「え?!今なんて?!笑」
櫻井「病院紹介しなきゃが縮んだ?笑」

櫻井「俺はちっちゃい頃流れるプールから出らんなくなる夢をよく見た」←これ何度も聞いたことあるね。USOとか。いっぱい話してる自覚あるのかあんま膨らまさなかった
相葉「目ぇ回りそうだね」
櫻井「あとさー変な話だけどおねしょする時必ず見る夢とかなかった?」
他 「あったあった!!」
櫻井「俺さー何かおしっこ選手権2002!みたいなのに出てるの」
二宮「2002?!ちょっと待って、そんな最近の話なんですか?!」会場騒然。4対1の構図になる(笑)
櫻井「や、2002は何か雰囲気で言っちゃったけどさ;でも何かね、こう、どんだけトイレにいられるかみたいなよくわかんないことやっててさ」
二宮「でもそういうのあるよね。俺も見たもん。俺昔園芸係(?だっけ?)てのをやっててね、生徒会とか色んなモンやらされてたんだけど。そんで朝早く水遣りに行ってたのよ。そんでさー夢ってカット割ができるじゃない?最初は引きなのよ。花に水遣ってるの。それがカットが変わって寄ったら、俺ションベンしてんのよ。で、気づいたらおねしょしてたの。それが18の時ね」
他 「えーーーーー!!!そんな最近のことかよ!」←でもこの話も何度か聞いたようなだよね?何も珍しくなかった…
二宮「ただガキの頃と違うのは途中で止められたことね!これ覚えといて☆」(と親子席に向かって。笑)
櫻井「いや、そんな自信満々に言われても…」
二宮「あと犬飼っといた方がいいぜ、犬の所為にできるから」←そうやって言い訳したの和子に(笑)
櫻井「だって18でしょ?その頃ゆーあーまいそーそーとかゆってた訳でしょ?」
松本「いや、俺とニノが18の頃って結構最近だよ;俺、金田一やってたし…」
厳密に言えば、18の始めの方はハンドクでコン○ームサシがどーのこーのとかゆってて、18の真ん中では不良やったりツヨと曲作ったりして、18の終わりの方では「遥に手を出すな!」って切ない殺人をやってましたよ…

相葉「あ!でも俺も大阪城ホールで漏らしたことある!19のとき」
二宮「てことは俺と同じ頃じゃね?」←1コ違いだからね…*3

  • 地獄のカン蹴り

(2015/08/06 色々書いてたけど全然面白くないし櫻葉がひたすらスベって空回りしてたことに文句しか垂れてなかったから割愛するw『相葉君の声ってウケるよね』ってスケブ持ってる人いるんだけどとかそんな話…(うちわネタをMCで話すな)(アリーナクラス時代はそういうダメなとこよくあった)それに対して櫻井「ちょっとねオクターブ高い感はあるよね」とかそんな話)

  • 大宮

相葉「あーーーーーーーーーーーーっっしょーちゃん!しょーちゃん!」
櫻井「(笑)やっぱ(お前の声)2オクターブぐらい高いよ(笑)」
みたいな。で大宮登場。『はちゃめちゃテンガロン』へ。


途中Jr.(福ちゃん松崎)が出てきて、
ニノが丸まって土台になって、その上にうつ伏せに智が乗っかって、二人が智の頭と足元にまたがってシーソーみたいにするフリがあるんだけど
(♪僕らの~ホームグランドは~やっぱり~ここーさ~♪ のトコ)
それは踏み込んで飛び上がるようにしてシーソーみたくしてるんだけど、この時二人とも踏み込んじゃって;
わ!どうしよみたくなったまま出番終わっちゃって二人はいそいそ帰るし、大野君はむせちゃってフラフラで、んもうすげー可哀想で面白かったー


で、「大宮みーっけ!」で翔くんが出て来て、急いで落ちてる銃を拾って大Sを羽交い絞めにして脅す。その隙に逃げようとする宮K(笑)
大S「みや~~~みや~~~」←宮って呼ぶんだ!笑*4
しかし宮Kは逃げたのではなく、白ガムテを取りに行っただけだった!笑


宮K「大Sヲ返エシテクダサイー。ア、面白イコト スルノデ、ソシタラ返シテクダサイ。デモ面白イコト スルノニ ソレガ 必要ナノデ貸シテ頂ケマスカ? 今日ハ 鋼ノ スネ毛ヤリマス」
しかし逆に翔くんにくっついて離れようとしない大S(笑)
櫻井「どーしてあなた向こうに行かないの(苦笑)」
宮K「コノ大Sノ スネ毛ハ 鋼ノ スネ毛ナノデ、コレヲ貼ッテモ痛クアリマセン」
まずどれぐらいガムテを使うかって事で大野君に片端持たせて、ガッと引っ張る;しかしその勢いで床に落としてしまってサクラ吹雪がついてしまう;
宮K「ア~~~~~!ンモウ、ホラ ツイチャッタ デショー。ッタク…」 としょうがないから同じぐらいのを切って、
♪どっちにーしようかな~どっちにしようかな~♪ んー…こっち!!
とか、左右に揺れて歌いながらじりじり大Sに近づいていく宮K…怖すぎ!苦笑
こっち!といった瞬間大Sの左足にしがみつく。
んふふあはは と変な笑い方をしながら大Sの靴下を下ろす。
しかし猛烈にイヤイヤする大S(笑)

宮K「アナタ、流石ニ コレハ可哀想カト思ッテ サッキ ジャンケンスル?ッテ聞イテモ自分ガヤルッテ言ッタデショ。………ソンナニ嫌ナラ ドウセナラ 一番スネ毛ノ濃イ人(櫻井)ト3人デ ジャンケンスル?」
櫻井「ちょっと待て、俺関係ないじゃん!何なんだよもー!」 と焦る櫻井。ヤバイ、キター!負ーけーろ!負ーけーろ!
急に生き生きしだす大S。かなり緊迫してジャンケンをする3人。最初はグ…
え、宮Kチョキ?!
宮K「わー俺、やべー、焦ったぁ;ちょま、今のはナシだって!」←珍しく余裕のない二宮;
指組んで何出すか決めるポーズ(よくあるじゃーん、説明できないけど;)アレをやったりしてかなり真剣な大宮(笑)
ジャンケンポン! あーーーーーーーーーーーー!!!!大S一人勝ち。

大S「ア、ジャア モウ コレ(靴下)ハ 上ゲテイイネ、ンフフ…」
焦るいじめっ子たち(笑)ふたりでジャンケン!…サク勝ちーー!  その場に寝転がる二宮;すっごい嬉しそうな大S(笑)
大S「アハハ、アハハハハ!(ガムテは)コレクライ?ドコニ貼ル?裏毛ニスル?」 ←優しさなのか良くわかんない;
宮K「ソーコマデハ 生エテナイカナ;」
マジかよー(凹) て感じの顔で靴下を下げる宮K。モニターにニノのすねがアーップ…あんま毛がない(笑)
櫻井「これじゃ意味ねーよ」←じゃテメェやれ
宮K「お前考えて貼れよ」←こんな状況でも男前…
大S「じゃーここっ」
宮K「うわ、めっちゃ適当に貼ったよね?」
大S「これどーやるの…?上から下?下から上?」
\下からー!/
宮K「分カリマシタ、寄セテ上ゲテ、デスネ?」←この期に及んでも宮Kキャラの二宮
チロチロ捲ったり強くはっつけたりしている大Sに
宮K「チョ、ヤメテ、ソレデカナリ キテル カラ…」爆笑
それではいきます、3・2・1  ベリッ
爆笑の山っこ。珍しく悶え苦しむ二宮…ヤバイ、可愛すぎ。
大S「(そのガムテをかざして)携帯サイト デ 当タルヨ」
櫻井「いらねぇ~(爆笑)」←ごめん、クソ欲しいけど

  • サンバ

櫻井「鋼のスネ毛はねーよなぁ…笑」
相葉「しょーちゃん!しょーちゃん! ちょっと随分長かったね!」
櫻井「ごめん、ちょっと鋼のスネ毛がね;あれはヒドいよね;」
なんてやりとりもしつつ「松潤みーっけ!」マツジュンサンバへ。

今度はちゃんと「オレ!」の瞬間でストップ。上手くなったね、相葉ちゃん!
相葉「あはは、あはははは、よくできた玩具だね~ぇ。ミュージックスタート!  ストップ!   スタート!」
を繰り返して遊ぶ相葉…何か日頃の逆襲的なものを感じる…笑。
いつの間にか櫻井も出て来て
相葉「い~い表情してるねぇ」
櫻井「あれいっちばん、いいトコですよねー」
とか、軽く遊んで、Jr.と一緒に松潤も引っ込ませて、そうこうするうちに大宮も出て来て上下花道を2-2で移動。特に面白いことはなかったかなぁ…?

  • 宣伝

舞台やるよ。遠いけど来れる人は是非。 的な話をして
二宮「そんで翔君もそのあと舞台が決まってね、何だっけ」
マッスルミュージカルー/
二宮「何でそれ知ってんの;」←何でだっけ~?どっかでネタになってたよね?するとマッスルミュージカルのポスター?がモニターに(笑)
櫻井「うわ何でこれ出て来てんの!?」
二宮「あーなんかローソンかなんかにあったから貰ってきたらしいよ。どこでやるんだっけ?」
櫻井「え………真駒内?苦笑」
…とか言ってたのは2部であってますか?(1部も入ってたから混乱…)

さて、次はこないだ出ましたニューアルバム、Oneの中から一曲お送りしたいのですが…北海道出身の人って誰がいたっけ?ってなって…
相葉「あ!あれは…?K護ちゃんは?」←や、それ奈良…それを言うならNっちとかじゃ…つか例がよくない…何か会場の空気変わった気がしたのは気のせいかしら…
そこにナイス助け舟
櫻井「あ!サブちゃんだって!!」
大野「サブちゃん?」
二宮「サブちゃんだよ、北島サブちゃん!与作のサブちゃん、まつりっだ~まつりっだ~のサブちゃんだよ」

て事で大野君がサブちゃんの物まねで曲を振って終了。
もうこれ以上覚えてない!物まねの内容も忘れた!以上!

*1:嵐は昔から公開ダメ出し芸がしつこい(褒めてる)

*2:よくあるハーフパンツみたいな男性水着

*3:でもだからって妙に嬉しそうにしないでTOP…落ち着いてTOP…

*4:まだタカ&ユウジ設定がないらしい(てかその設定いつから…覚えてない…)