読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワクワク学校レポまとめ(東京)

0617 2部 嵐のワクワク学校2012〜毎日がもっと輝く5つの授業〜@東京ドーム

  • 会場に貼ってある校長のお写真は今年もあるんだけど、第何代校長、の数字が変わってる。12代二宮、13代松本、14代大野、21代相葉、25代櫻井。なんの数字かと思ったら名字の画数、とのこと。よく気づいたね、皆…!
  • そして櫻井校長は相変わらずカーネルサンダース。。。

各所にいる嵐さんを召喚するようなVTRで始まる。
松本:ジムでトレーニング中、他の人のTシャツに嵐学の校章。
相葉:三毛猫の合間、弁当に。
櫻井:ZEROのイチメンの画面に。で、指し棒を落とす。(会場笑う)
二宮:ロケバスでDSに「外を見ろ」
大野:鍵部屋の休憩で出たコーヒーのラテアートに。

O「只今から嵐のワクワク学校を開校します!(←相変わらずふざけた声)」
S「今年初めてワクワク学校に入学するよって人!」(パチパチ)
S「去年卒業したのに、また入学しちゃったよって人」(パチパチパチ)
S「ワクワク学校は学びたいというあなたを歓迎します!」

今年もテーマは「日々是気付」
日:相葉
々:大野
是:松本
気:櫻井
付:二宮が担当で書いている。
『気付』きったな!へったくそ!智どうしたの?!…と思ってしまったよ^^; そうだよね、こいつらだよねww

今年も仕掛けましたが、みなさん気づきましたか?という話で
S「これは私たち嵐からの挑戦です(ドヤァ)」
翔さんの左隣にいる潤「(ファイルをドヤ顔の翔さんの前にかざす)」
S「(くそー!と凹む)」


今日の気付はグッズ売り場のそばにあるモニタに流れているバイト募集のVTRに智が紛れこんでました。ワカンネー!

【カチカチの授業。】

まずこのVTRを見てください!なにか気付きましたか? 
S「もうこの授業も3回も受けてるから、もう頭こんにゃく状態ですよ」
…なんのこっちゃと思ったらVTRは間違い探しで、先入観でカチカチの頭を柔らかくしましょう、という授業らしい。

N「大野!ちょっと先生の隣に来なさい」
O「ハッ?ヘッ(´・∀・`)」
N「何笑ってるのwこの瓶を10秒以内に開けてください。10秒経ったら机が爆発するから」
M?「えっ爆発しちゃうの?これから俺ら使うのに?w」
実際は煙がぶしゅーっと。
この瓶は何で開かないのかというと、
A「あっわかった!あの上が下で、あの…(なんか色々言ってるけど間違い)」
N「違います」
S「わかった、方向ですね」
N「流石!!」
キャップはふつう右回りで開くけど、これは逆に作られているのでいつもの向きじゃ開かなかった

■なんだかんだで今年もリレーを。
順番は松本→櫻井→相葉→大野。翔さん左手でバトン持って、左手で渡していたような…;ゴールテープが動いてずっとゴールできない!ってしたかったはずなのに、システムが動かず普通にゴールでぐだぐだ終了w
N「(リモコンでピッピッってしながら)あれ…っ?」
S「こっち(ゴールの裏側)にいるとなにやってるか全然分かんないんだけど…」
N「いや、ゴールが動くってのをやりたかったんだけどあれ、こっから(真ん中のステージ)じゃ届かないの?」
O「じゃあそしたら俺ずっと走ってなきゃいけなかったの?」
S「気付くの遅ッ」
A「まあさ、それも先入観だよ。ゴール動くはずって思い込んでたから」
N「そうね」←ニュアンス


N「現状維持バイアスという先入観があって、慣れているものを選んでしまう、」
N「例えば同じような服ばかり買ってしまう、ということがあると思います。」
N「パーカーが好きな人はパーカー…」
と言われた時に会場に妙な笑い。おい。

【パクパクの授業】

相葉先生が今年はお寿司を握ってくれます。
A「そろそろお腹もすいてきたでしょう?」
S「まさしくお腹がすいたと思っていたところでした!」
A「櫻井君もうガリ食べてるねwガリ大好きだもんねw」
A「じゃあ皆なに食べたい?」
S「ガリ!!!(アホの子みたいに)」
A「ガリはおかわりあるので自由に食べてくださーい(^^;」
M「僕はコハダがいいですね」
O「カサゴ
N「マグロ!」
A「お!マグロいいね、じゃあマグロを用意しましょう」
とマグロの話へ。

■マグロは次の内なんの仲間でしょう。
A サバ
B アジ
CD(忘れた)
当たった人はマグロ寿司食べれます!
A「リーダーは分かってるの?」
O「知らないけど、あれかなっていうのはある」
N「ねえ相葉さんお得意のジェスチャーヒントやってよ」
A「えっ!」
相葉がよく分からん泳ぐ真似をw
O「答え、わかんなくなってきた」
回答はAが櫻井松本大野、Bが二宮。
N「見た目が一番似てるかなって」
M「サバは見た目が一番似てないから。」
S「逆に、ってこと?」
M「うんそう」
S「僕はですね、楽屋で相葉くんがサバって言ってるのが聞こえてきちゃって」
A「あひゃひゃひゃ!」
S「や、聞いちゃいけない奴かなあと思ったんだけど、最初にもうサバって出てきちゃったから」
N「これで答えサバだったら相葉さん凡ミスですよ!」

で結局答えサバw3人に寿司を握ります。
S「相葉くん寿司うまくなってきてるよね?」
A「銀座〜〜さんで特訓してきましたから、みっちり20分!」と言いながら寿司を落とす?(ちょっと見落とし)
N「いいよそれで、勿体ない」偉い。…ってあなた寿司食べれないから!

出てきた問題に重ねて色々質問する生徒たちに
A「何度も言いますけど、続きはWEBで!!w」
S「あの、僕の間違いじゃなければさかなクンの偽物みたいなのいませんでした?」
A「あのね問題さかなクンと考えてるから!」とヴィジョンにさかなクンと肩を組んでいる姿。

■2問目。エビ味噌カニ味噌の味噌とはどの部位のことでしょう。
A 脳みそ
B 肝臓
C (なんだっけ…)
D 生殖器

M「味噌、ってこの味噌なんだね」
(…しばし無音…)
S「そうだね、調味料の味噌と同じ字なんだね」
A「そうだね」これ萌えた。←
M「俺のイメージだと脳みそだと思ってたんだけど、生殖器なら、エビって頭についてるの?」
S「いや、有り得るかもよ」
N「あっ、俺なんかそんなのCMで見たな…」
A「えっ?エビ生殖器のCM…?(ニヤニヤ)」
こら、連呼するなw相葉、楽しがるなww

正解は智(正解は肝臓。そりゃそうだろう)。
エビを握ってくれるのですが、わさびをわりとたっぷり塗ってるのに
A「もっと辛い方がいいかな」
会場「えーーー!」
A「いやこれ辛くないから!」
O「あ、いや…」
A「リーダー辛いの好きだよね」
O「あ、いや…」
A「わさび多くない方がいい?」
O「わさびはあんま…すきじゃない…」
A「あっ鼻に抜ける感じは嫌なのか」
相葉のわさびの多さに戸惑ってるけど言えない智がね。その後の反応はWSのとおり。(あっ、辛ッ>< ってやつ)

A「ごはんを作って、食べた人がおいしいって言ってくれるのってすごく嬉しくなります。」
A「だから今嬉しいもん!皆のこと、大好きって思います。」
A「だから、おうちに帰ってもお母さんに『美味しかったよ。ありがとう』って言ってくださいね」と。

【ソモソモの授業】

にののお祝いへ。ケーキが出てきてハッピーバースデー。
N「苺に見えると思ってんの?!」
A「いいから!(とケーキをすくう)」
N「いやいいよ、俺そういうの得意じゃないから」
A「いいから!はいっあーん!」
N「(しばらく拒むも、ぱくっ)…まぁ食べれなくもないけど…」
たぶん、苺じゃなくて梅干しだ、と分かっているのに苺のごとく食べて「なんだこれ!梅干しじゃねーかよ!」ってリアクションするのは得意じゃない、って言いたかったのかな。
M「今回2回公演なので、さっきもケーキ出したんだけど同じじゃつまんない、とのことで」
M「にののお母さんと言えば梅干し、ずっと梅干し差し入れてくれてたから、にののお母さんと言ったら梅干しのイメージが強くて、僕は。」
M「だから、苺の代わりに、梅干しのケーキを作ってもらいました」
S「あの、すいませんこれ僕がさっき見た台本では『なんだこの味?』『にのと言えば〜で梅干しのケーキにしました』って流れだと思ったんですけど」
S「これもうケーキの上に梅干しが乗ってるんですけど(笑)」
S「僕のイメージではケーキの中に梅干しが入ってるのかと思ったんですが(笑)」
M「いやだから俺もびっくりしてて(笑)一応苺に見えるように梅干しの上に苺のヘタとか乗っけてるから(笑)」

N「えー、みなさん、ありがとうございます。29歳になりましたが…何も変わりません。…30、40、50になっても…時々金髪にしたいと思いますます!」

■ソモソモは自分の出生について考えましょう、という授業。
潤がお産に立ち会ったVTRの後で、メンバーのソモソモについて、お父さんお母さんに教えてもらいました。今日はにののソモソモです。
と言ってにのママのQ&Aに入ります。

Q.息子さんが生まれた時のことを教えてください
A.『息子は3900gと生後1か月くらいの大きさで生まれてきたので、力んでも力んでも出てこなくて大変でした』←ニュアンスです。

M「3900gって相当大きいよね?俺、3200gだかだったらしいんだけど、3000g超えるとすごく大きいってきいたことあるもん」
N「だから俺、ちっさい頃の写真、超丸いの!こんっな(顔や体を丸める)、水風船みたい」

Q.名前の由来を教えてください
A.『画数にこだわって決めました。2つの名前で迷いましたが易学に詳しい叔父に相談して決めました。穏やかで、人の和を大切にする人になってほしいという思いを込めています」←ニュアンスです。

なお、二宮が和也と天秤にかけられていたもう一つの名前の候補は『大(ひろし)』

モニターに映される『二宮 大』の文字を見ながら。
N「あっぶねぇぇーーー!俺、ひろしだったの?!」
N「やっぱ自分の名前は4文字でしっくりきてるから」
N「だって、遠くから見たら、犬だもん」←コラ^^;
S「なんか、二宮大って、名前がなんか迫り来るもんね」迫り来るってw

Q.思い出を作るためにしたことは?
A.『息子が2歳の時には働き始めてしまったので、仕事が終わってからはずっと一緒にいて、夏は旅行に連れて行った。ほおずりしたり、スキンシップして、貴方のことが好きなのよ、と身体で分かるようにしていた」←ニュアンス。

N「(スキンシップ好きなのは)そっからきてんのかなあ…(ぼそっと小声で)」
N「俺は家が好きだったんですけど、今もそうですけど。」
N「だから旅行がヤだったの。だから旅行の写真とか見るとすごい不貞腐れてるの。でも考えてくれてたんだね…」

M「にののお母さんが手紙をくれました。今日は2回公演だからって、なんと2通書いてくれました。だからお昼の内容とは別です。」
N「えっ、はい、心して聞きます」

『カズへ。中学校1年生でジャニーズに入った貴方にとって、学校の思い出といえば小学校のことだと思います。小学校低学年の頃はいじめられていて、集団登校の時間に遅れて行くこともありましたね。
高学年になると友達もできて、放課後ボール遊びなどをしていましたね。家にも友達がたくさん遊びに来て、たこ焼きを作ったりしていました。
高学年の頃またいじめが起きた時、担任の先生から聞いたのですが貴方はいじめに加担せず、いじめられている子に自分から話しかけに行っていると聞き、誇らしかったです。ある日「女子更衣室を覗きに行こう」という話になった時も「僕はそういうことしたくない」と言って断ったと聞きました。断るのはとても勇気がいることだと思います。嬉しかったです。
カズは近所の人に会った時も、ちゃんと帽子を取って挨拶する、と聞いていました。聞く話では、近所の人に「マダムキラー」と呼ばれていたそうです。
カズの活動をおじいちゃん、おばあちゃん、じゅんちゃん、皆喜んでいます。コンサートで元気をもらっている私も、カズの、嵐の大ファンです。(確か〆の言葉があった気がする。。。) ニノママより』
←ニュアンス

(この、ニノママ、という表現、あとナチュラルに「お姉ちゃん」ではなく「じゅんちゃん」と読み上げられる感じが、
 家庭の、二宮家の長男の「和也くん」を垣間見た感じで、とてもよかったのです。。。)

S「二宮さん、女子更衣室事件、覚えてるんですか?」
N「はい。あのね、確か遠かったのよ」
皆「えー!めんどくさかったから?!」
N「高学年で確か、5・6年生って3階とかで、更衣室1階とかで遠かったから、めんどくせーなって。俺教室から一歩も出なかったし」

N「でもさ、この手紙にいじめられてたの低学年って書いてあるけど、俺高学年のときだとおもってたんだよね。あれ?!俺ずっといじめられてたのかな!」
会場「(笑)」
N「でも、他の奴に話しかけてたのは、繰り返されるのがやだったんだろうね…(ほぞっとしみじみと)」

和子さんから手紙もらって、潤が代読するんだけど、読み終わった手紙(縦長の封筒、横書きの手紙)をにのに渡したら、両手で持って顔の上にあげてありがとうございますってしてました。